美容師になるためにはどうすればいいの?

目次

美容師になるためには?

美容師になり方に説明します

国家資格が必要

美容師は国家試験を有する職業ですので、国家試験の美容師免許が必要になります

ではどうしたらとれるの?

美容師の免許を取るまでの流れをご紹介しますね

美容師の国家試験を受験する為には条件があります

専門的な学校に行く

美容学校を卒業していること。

美容学校とは厚生労働省の課した条件を満たしており、なおかつ厚生労働大臣の認可を受けた学校のことです。

国際化が進んでるのに悩ましいのですが

日本で美容師をする為には、日本の国家試験とその必要なカリキュラムが必要になりますね

認可を受けている学校は「厚生労働大臣指定校」などと明記されているので、事前によく確認しておきましょう。

最近は、紛らわしい表現も、あるので気をつけてくださいね

年齢

美容師免許取得に年齢の上限制限はありません。

国家試験の受験条件に『美容学校を卒業していること』があるため、美容師免許を取得できるのは美容学校の高等課程を卒業できる18歳以上になります。

学歴は?

美容師には学歴は必要ありません

ただ、美容師国家試験を受験するための条件として、美容師養成施設のカリキュラムを修了している必要があります

強いて言えば、義務教育美容専門学校卒業かな。

その美容専門学校なんですが、入学の際に「高校卒業以上」を受験資格にいれている学校も多いです

中学卒業は?

中学校卒業という学歴でも美容師を目指すことはできます

少し条件があります

・高卒認定(高等学校卒業程度認定試験)に合格すること。

・高等課程のある美容学校に入学すること

数は多くありませんが、美容学校のなかには一般の高校で学ぶ科目と美容のための科目を同時に勉強できるところもあります。

・中卒でも受け入れている高等課程&通信課程に入学する

「中学校卒業以上」を入学資格に定めている学校もあります

美容師の国家試験を受ける必要程度の高校のカリキュラムを含んでいる美容過程を設置している学校があります(高等課程や通信課程)

自分の条件に合う学校を探してみましょう。

美容師になれるまでの期間

美容学校に2年〜3年

学校のコースと、高卒か中卒で変わります

美容室で働いてからは、美容室のカリキュラムと本人の努力次第で平均3年〜5年です

お客様を担当できるまでに

平均で合計5~8年かかります

美容学校の過程

昼間過程

一般の義務教育みたいに昼間学校で学びます

夜間過程

夕方から夜にかけて学校で学びます

高等課程

昼間課程のカリキュラム + 高校卒業程度と認定を受けれるだけの授業が追加されます

通信課程

夏休み 冬休みなど 昼間生が学校に来ない時期や

多くの美容室が休みの 月曜日や火曜日に

授業を受けに来ます

費用

美容学校の2年間の費用は

平均250万前後です

人気の美容学校ですと

300万前後

通信過程は、割と安めに設定されてるので

この限りではありません

まとめ

・美容師は国家試験が必要

・国家試験の受験は美容専門学校卒業が必要

・美容学校の多くは、高校卒業 または準ずる条件がある

・美容学校の期間は2~3年

・費用は250万から300万円

美容師は30歳前後で9割が辞めてしまう可能性のある職業です

なので

人生の大切な時間を学校だけでも2から3年

美容師のアシスタント時代は3年から5年

と多大な時間と費用が掛かります

アドバイス

前記しましたが

学校に行く決断の前に

美容室の生の現場を見たり、体験させてもらう事をおすすめします

自分も周りの人も、働いている中でたくさん悩みました

良い職業だとは思いますが、働き続けるのはなかなか覚悟のいる労働条件です

覚悟のないまま学校へ行ったり、美容室に入っても、なんでも吸収できるたくさんのチャンスがある二十歳前後の大切な時間や、お金を無駄にしないためにも是非ね、道を選択する前に現場の生の声や景色を見てほしいと思います

コメント

コメントする

目次
閉じる